失業保険受給マニュアルをご訪問頂きありがとうございます

失業保険受給マニュアルは、失業した際に受給される失業保険についてまとめてあります。 失業する前に知識をつけることで、失業保険を有効に利用できるよう願っております。

雇用保険に入っていない人たちのために

  • 学生だったが就職できなかった方、
  • フリーターやパートタイマーなどで雇用保険に加入していなかった方
  • 雇用保険の受給が終了してしまった方

政府から就職するまでの面倒を見てもらえないとあきらめていませんか??

昨今の就職難をなんとかするために、国も本気です。上に書いてあるような人たちも 無料で

による職業訓練を受けることができます

失業したらどうすればいいの

次の就職先も決まっていないのに、いきなり今月で辞めてくれとかいわれたら、普通驚きますよね。 でも、昨今、この状態が普通になってきてるようです。

そんなときのセーフティーネットが失業給付金、いわゆる失業保険、失業手当といわれているものです。 基本的には、雇用保険に一定期間入っていれば、雇用保険に入っている期間によって、次の就職先が決まるまで一定期間、給付金を支給してくれます。 どれだけもらえるかは、基本手当日額を計算するを見てください

必要な書類で、最も重要なものは「離職票」です。これは離職した会社から送られてきます。辞めるときにもらうのではなく、辞めたあとに送られてきます。 そして、これと他の必要な書類を集めて最寄の「ハローワーク」に行って手続きをします。

会社の都合で辞めさせられたなら、すぐに(といっても最初の支給は1ヶ月くらいあと)支給してもらえますし、支給期間も長いです。

逆に、自分から会社を辞めた場合は、3ヶ月間、給付制限が付きます。つまりこの期間はお金が入らないわけです。

基本的な流れ

  • なにはともあれ、ハローワークへ行きましょう
  • 離職票1,2は辞めた会社から送られてきます。
  • 会社を辞めても、健康保険と年金、税金は払わないとだめですが、年金は免除してもらえる場合があります。

アルバイトか何かで当面乗り切りたい

よく、失業給付金を貰っているとアルバイトをしてたら3倍返しとかいわれますが、アルバイトをしてもハローワークに申告すれば大丈夫です。 ただし、働きすぎると、そのアルバイト先に職を得たと見なされるので給付は打ち切りされる場合があります。規定では1日4時間未満、週20時間未満であれば 貰える給付金に変わりはなく(厳密には最後に給付金を回されたりしますが)アルバイトも出来ますので、生活は成り立つでしょう。

短期バイトで有名なのは、 日本最大級の新薬モニター情報サイト のような、新薬のモニターなどですね。
全国のバイト情報をひとつに!インディビジョン[バイト] のように、全国の短期バイト情報をまとめているサイトもあります。
こういったところに登録して、短い時間で効率よく収入を得ないと、安心した再就職活動など出来ません。何をするにもお金が必要なのです。無職なのにローンがあるなんて本当にどうしていいかわかりません。

失業保険の給付期間を長くしたり貰える金額を多くする

ハローワークの人たちはあなたの状況をよく見て最適な方法を教えてくれると思いますか??



答えは当然「No」です。相談すれば答えてくれます。それが職務ですから。
でも、職員が突っ込んでこうしましょう、あーしましょうとは教えてくれません。

なぜ?


それは、彼らが公務員だからです。自発的には動きませんよ。無職の人に親切はわけはありません。

しかし、彼らは職務に忠実です。こちらが、お膳立てをしてあげればそのように動かざるを得ません。

こちらが、彼らが受給する金額を上げたり、給付期間を長くしたりせざるを得ない、しなければならないようにしてあげればいいのです。

どんなに、無職となったこちらが困っていても、ハローワークの職員達にはわかりません。また、わかったところで、法にあった困り方をしていないと、彼らもどうしようもないのです。


逆を言うと

法に従った方法で、困っていて、なおかつ、助けを求めれば彼らは動くしかありません。
では、具体的にどうすればいいのでしょう。

それは・・・・・・

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。前職より待遇の良い会社へ就職する方法
退職届けの前に!失業保険・裏バイブル

を、読んでください。離職したりする前に、絶対さわりだけでも読んでください。知っていれば貰えたはずをお金を貰えないのはもったいないです。

ハローワークの職員はこういいます
「あなた方に支払う失業給付金は、今働いている人たちの雇用保険です。だから早く就職してください」と
おかしいでしょ?彼らは公務員。その給料は我々サラリーマンが汗水たらして、冷や汗も流して、時には血を流して得た給料からピンハネした税金ですよ。
こんなことを言われるなら、ちゃんと仕事をさしてあげようではありませんか。そのためには知識という武器と、経験者の知恵が必要です。


登録サイト募集中
カテゴリー