会社都合と自己都合の違い

会社都合退職と自己都合退職で、失業保険の受給期間に差が出ます。会社都合退職のほうが、受給期間が長くなりますし自己都合退職で 付けられる3ヶ月の給付制限もありません。

離職票を記入するでも、書いていますが自己都合退職でも「職場における事情による離職」がありますので、 離職票ー2を記入する際に、当てはまる項目があり、その事を証明できるならば、こちらにチェックを入れるようにしてください。更に、こういった 状況にあるならば、最寄のハローワークに行って相談してください。転職先が決まっている自己都合退職と異なりますので、止むに止まれない理由で 退職するにも関わらず、自己都合退職となって3ヶ月の給付制限が付いてしまうと経済的に大変不安定となり、求職活動にも影響します。

自己都合退職を会社都合退職に変えられる可能性

離職票に会社が記入している「自己都合退職」に意義がある場合は、証拠をそろえてハローワークに提出して、会社側の比を証明しなければなりません。 ハローワークの職員さんも色々いますので、退職を心に決めたその日から、証拠をそろえる準備をしましょう。 離職票ー2にあるように、以下にある条件に適合すれば、自己都合での退職をハローワークの判断で自己都合に変更できるかもしれません。

  • 賃金低下(月給の3分の1以上の金額が2ヶ月支払われなかった)と賃金遅配
  • 過度の時間外労働・45時間以上の残業が3ヶ月以上
  • 採用条件との相違・技術職採用ではいったのに営業職に就かされたか
  • 社内イジメ・嫌がらせなど
  • 事業所で大規模な人員整理があったために、次はオレか!!と思ってやめた
  • 教育訓練もなしで別の職種に変更された
  • 事業所が移転したので、通勤困難になった

退職する前に証拠収集とハローワークに相談を!!

これだけ証拠があれば大丈夫と、勝手な判断は禁物です。ハローワークに相談してください。自己判断は禁物です。 「金成り」とするために準備と作戦が必要です。タイムカードをコピーするとか、給料明細は全部残すとか、イジメを証明してくれる 友人を確保する、などは最低条件です。


スポンサードリンク