失業保険の給付日数

重要なのは、給付日数は「自己都合退職」と「会社都合退職」とでは自己都合退職の方が長くなるということです。

自己都合退職の場合の失業保険給付日数

自己都合の場合年齢は関係ない
雇用保険に
入っていた期間
10年未満 10年以上
20年未満
20年以上
給付日数 90日 120日 150日

会社都合退職の場合の失業保険給付日数

会社都合の場合 給付日数
雇用保険に
入っていた期間
1年未満 1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
年齢 30歳未満 90日 90日 120日 180日
30歳以上
35歳未満
90日 90日 180日 210日 240日
35歳以上
45歳未満
90日 90日 180日 240日 270日
45歳以上
60歳未満
90日 180日 240日 270日 330日

受給期間は?

会社を離職してから1年間だけ失業保険は受給できます(所定給付日数330日の方は1年と30日、360日の方は1年と60日)が、 この期間に病気などで連続して30日以上、働けなくなったらハローワークに申請して、受給期間を延長することが出来ます。 延長できる期間は最大で3年です。

離職するタイミングに注意する

上記表からもわかりますように、「会社都合」で離職する場合は44歳の人は45歳になるまでなんとか伸ばしましょう。 なぜなら、例えば雇用保険に12年入っていたとして、44歳と45歳では支給日数が240日と270日になって、なんと30日も 長い間、基本手当が支給されます。

  • 29歳、34歳、44歳、59歳の人は誕生日が来るまで退職日を伸ばす
  • 雇用保険の期間も5年ごと日数が延びるので、今の期間を確認すること
  • 少し離職する時期をずらすだけで、180日->240日に支払い日数が増えるので注意する

スポンサードリンク