失業保険の受給資格って?

次の両方の条件を満たしていると、受給資格があります。 また、受給の資格も色々ありまして、「会社都合退職」として扱われる、「特定受給資格者」や「特定理由離職者」は自己の都合で会社を辞め場合より、 手厚い給付日数になります。

失業保険の受給資格

雇用保険の被保険者(確認は給料明細を見てください)が、次の両方の条件を満足している場合、失業保険を受給できます。

  • 失業後、ハローワークに来所して求職の手続きをする
  • 就職するという積極的な意思がある
  • いつでも就職できる状態でありながら、本人やハローワークの努力によっても就職できない状態

すぐに就職できる状態でなければならないので、以下の人達はダメです。

  • 病気やけがのため、すぐには就職できないとき
  • 妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できないとき
  • 定年などで退職して、しばらく休養しようと思っているとき
  • 結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができないとき

これらとあわせて、雇用保険を支払っている期間も必要です。1ヶ月だけ働いて保険を支払っても、それでは失業保険はもらえません。

  • 離職の日以前2年間に、被保険者期間が通算して12か月以上あること。
  • ただし、特定受給資格者又は特定理由離職者については、離職の日以前1年間に、
    被保険者期間が通算して6か月以上ある場合でも可
  • 被保険者期間とは、雇用保険の被保険者であった期間のうち、離職日から1か月ごとに区切っていた期間に賃金支払いの基礎となった日数が11日以上ある月を1か月と計算します。
スポンサードリンク